社会人が教養を深めスキルアップするための5つのTips

教養

社会人になっても勉強は続きます。学ぶ場所が学校から、社会全般に変わるだけです。

会社員、経営者、主婦、退職された方、個々様々な環境があります。

 

資格、英語、接客法、エクセルの使い方、仕事術、時間術、文章の書き方、パワーポイントの使い方、人の育て方、マネジメント、おいしい料理の作り方、経営術、税、政治、経済、心理学。。。

例をあげればキリがありません。

これから、わたしの考える「教養」の定義、そして勉強してきた内容を話します。

 

ざっくり言うと

STEP1.自分の幅を広げる公式

STEP2.社会人に必要な教養マトリックス

STEP3.具体的な行動

 

この3点をお伝えします。

わたしのやってきたことを強制するつもりはありません。

これから教養を深めようと考えてる人に、何かしらの参考になれば嬉しいです(≧∇≦)b

 

追記世界史の勉強をしたい人向けの専用記事を作成しました。(2018.3.14)

世界史の勉強をしたい社会人へ。独学の方法やおすすめ本
社会人が世界史の勉強をするときに役立つ本や教材があります。ただ使い方を間違えると学生と変わらい暗記重視の学習で終わります。大人の世界史の勉強は知識を覚えるのではなく使う!仕事や生活に役立てる思考力をつけることが重要です。効果的にマスターするための2ステップ学習法を教えます。

新社会人は一般常識と専門知識を高めるべきたが。。。

社会人になりたて,20代は先輩に日々学びながら、実践と研修、自分でも本やセミナーなどを通し専門性を高めるべきです。

問題は、そのあとです。

・自分の興味関心のあるものばかりをやる人。

・時間を作って専門外の見識も広める人。

将来、この2人には大きな差がうまれます。

 

・日々積み重ねた経験や学習を切り崩しながら生きるのか?

・専門分野以外からも学び、ときには専門とミックスさせ進化するのか?

自分の関心が低い(=すぐに役立ちそうもない)分野にこそ、将来のスキルアップにつながる種があるのです。

進化の早い時代、今や5年先がどうなっているのか分かりませんよね。

 

・専門分野の変化に追いつけなくなる。

・競争激化による業界の統合、再編。

・ロボット技術(AI)の進化により仕事がなくなる。

あり得る話だと思いませんか?

 

今は大丈夫でも、将来何が起こるか誰にも分かりません。幅広く見識を深め相乗効果を生み続けなければ生き残れませんよね?

仕事の質は「仕事外の質」で決まる

レバレッジシリーズでお馴染みの本田直之さんの本に「仕事の質は、”仕事外の質”で決まる」という言葉があります。

フレンチのシェフを例に説明しています。

Q.料理人として伸びるのはだれ?

(1)忙しくて外食に行けないタイプ(仕事に忠実)

(2)忙しくても時間を作り、インプットのために他のフレンチのお店に出かけるタイプ。

(3)新たな発見のために時間を作り、、自分の専門(フレンチ)外の料理店(新店、繁盛店、人気店)にも足を運ぶ。

映画や舞台、アート作品にふれ自分の枠を大きくしているタイプ

A.3

お分かりの通り、3つ目のタイプが「のびる人」と本田さんは答えています。

【参考】『何を捨て、何を残すかで人生は決まる」本田直之

教養を深める=自分の幅を広げること

「自分の幅を広げる努力を本当にしているのか?」と自問自答してみました。

業務に関して精一杯やった、という自負はありました。

しかし、忙しい日々のなかで「自分の幅をひろげる努力」を怠ってきたとおもいました。

業務に関わる専門書、ビジネス書、雑誌は読んでるけれども、それ以外の分野の本はあまり読んでませんでした。

 

アナタはどうでしょうか?

 

アナタが販売員としましょう。

お客様の生活背景を想像する力があれば、最適な提案ができます。

相手のきもちになる、想像するには「自分の幅」を広げる必要があります。

30代の男性が20代の女性の生活や、心理状態を想像するのは難しいです。

 

しかし同じような世代が近くにいれば、聞き出すこともできるでしょう。小説やドラマ、映画にもヒントがあるかもしれません。

 

「教養を深める、高める」

というのは日常生活と全く関係ないこと、時間があったら勉強することではありません。

本田直之さんがおっしゃるように、時間を作ってでもやるべきことなのです。

前置きが長くなりましたが、これから社会人としての教養を高めるアイデアを紹介します。

 

自分の幅を広げる公式


自分の幅を広げるには↑の公式を意識すると、目標が明確になるのでオススメです。

 

・英語

英語は十分条件ではなく、必要条件

英語が出来ても出世できませんが、英語ができないと出世はできない。

村上 憲郎(元グーグル米国本社副社長兼グーグル日本法人代表取締役社長)2008、村上式シンプル英語勉強法 ダイヤモンド社

英語が話せないと、昇進できない、大きなプロジェクトに参加させてもらえない、転職で不利になるなど社会人にはリスクだらけです。

英語ができる人とできない人では、自分を生かせるチャンスに巡りあえる確率がちがいます。

「自分に英語は必要ない」と思っていても、外国人観光客の増加や、2020年東京オリンピック、外資系企業との合併など、外的要因がそうはさせてくれません。

・語彙力/論理思考力

教養はアウトプットしてこそ、役立ちます。

そこで重要なのが、「考えをまとめる力」と「伝える力」です。

どちらにも必要なのが、語彙力と論理思考力。

人間は文字にしないと、思考できません。だから非言語を言語化できる人が、AIの時代でも生き残ると言われてるのです。

語彙が少ないと、頭に浮かんでるイメージをまとめることも、誰かに伝えることもできません。

・教養

教養がないと、独りよがりの考えに陥ってしまいがちです。比べる知識がないので、自分が正しいと勘違いします。

だまされやすくもなります。論理展開が正しくても、真実ではないことがあります。ウソだと気づくには、根本的な教養(知識)が必要です。

 

ポイント

戦略的に教養を身につけるには、「英語」「語彙/論理思考」「教養」をバランス良く勉強する

関連

社会人の英語勉強法|3ヶ月の独学で話せるようになる方法
社会人の英語の勉強すは短期集中がベストです。毎日コツコツやるよりも3ヶ月でやりきると覚悟を決めて取り組んだほうが上達します。どんな教材を使って、どのように学習を進めればよいかを具体的に解説します。大人のやりなおし英語の視点から、社会人にあった勉強法をご提案します。

 

スポンサーリンク

社会人に必要な教養マトリックス


社会人に必要な教養は、↑のマトリックスを意識して勉強すると、目標が明確になるのでオススメです。

 

・すぐに役立たないのが教養

教養は「接客のコツ」みたいな、明日からでも使えるテクニックではありません(ここが古典とビジネス書との違い)

「なんのために勉強してるの?」とやる気が落ちやすいので注意してください。

どれかに絞るのではなく、バランス良く勉強していきましょう。※一度に何科目もやる必要はありません。

 

・興味があるテーマから勉強する

好きなものからはじめてください。

マトリックス内の各テーマはつながってるので、最終的に全てを学ぶことになります。

座学で一番怖いのは、三日坊主で終わること。勉強した内容を実際に仕事で使ったり、知識の関連性が見えてくると、おもしろくなります。

ただ、最初は使ったりつなげるだけの知識がありません。だから1テーマ目は好奇心で選ぶべきです。

 

マトリックスを簡単に説明しておきます。

・経済学と経営学

「経済学」「経営学」は市場のルールや共通用語を知るための道具です。ルールも道具もなしにスポーツをしないのと同じで、最低限やっておくべき領域です。

 

・脳科学と心理学

人間は合理的に行動するのが前提の「経済学」だけでは、市場で勝ち残れません。

なぜなら、人間は必ずしも合理的に行動する生き物ではないから。

人間の不合理性を知るために「脳科学」と「心理学」を学びます。

 

・哲学、文学、自然科学

市場や人間の行動を把握してるだけでは、イノベーションは起こせません。

目の前の現象、データだけではつかめないことがあります。

それをカバーするには「なぜ」と疑問をもつ姿勢、誰にもみせない人間の内面を知る必要があります。

問い続ける「哲学」「自然科学」、人間の心を描く「文学」で補強します。

 

・歴史と宗教

目の前に広がる世界のキソは「歴史」と「宗教」で学べます。

ここでいう基礎とは「目に見えない空気感」とも言えます。

外国人と接する機会が多い、海外で活動することが多い人ほど、「歴史」と「宗教」の知識は役立ちます。

 

日本人以外は「宗教」が行動や思考の基盤になってることが多いので、友人として、ビジネスパートナーとして、相手の基盤を知っておくことは重要です。

佐藤:少し前に欧米で大ヒットしたダン・ブラウンの『インフェルノ』が、日本では大ヒットになりませんでした。

なぜかと考えたら、日本人の多くは『インフェルノ』のモチーフになってるダンテの『神曲』に馴染みがないからだということに気づきました。

それで、『神曲』を読み直してみたんです。

池上:日本と欧米では、宗教的な教養のバックグラウンドが違いすぎるんですね。ユダヤ教、キリスト教系の人なら、子どものころからしっかり教え込まれていて説明のいらない話でも、日本人には説明されないとよく分からない。

池上 彰 ,佐藤 優 (2016)、僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 、東洋経済新報社

 

「歴史は繰り返す」という言葉があります。過去と全く同じになりませんが、繰り返すパターンが予測できれば、イノベーションを起こす材料としても使えます。

過去を知ってるだけで、今と未来を行動しやすくなるのです。

 

関連リンク:

世界史の勉強をしたい社会人へ。独学の方法やおすすめ本
社会人が世界史の勉強をするときに役立つ本や教材があります。ただ使い方を間違えると学生と変わらい暗記重視の学習で終わります。大人の世界史の勉強は知識を覚えるのではなく使う!仕事や生活に役立てる思考力をつけることが重要です。効果的にマスターするための2ステップ学習法を教えます。

受験参考書で教養の基礎を作る

現代文の参考書で読解力をつける

「この本、何言ってるのか分からない」

「自分には難しすぎる」

こんな経験はないでしょうか?

教養を高める手段として「本から学ぶ」ことは多いです。そこで必要になるのが読解力。

社会人になりたての自分には、確たる読書法もありませんでした。

なのでベストセラーや先輩のおすすめ本を買うだけで、自分の中に落とし込むまではいきませんでした。

まずは自分の読書法を確立することが、教養を深めるためには必要です。

 

わたしの本との基本的な付き合い方は

本の手放し方。理想の本棚を先に作ると処分できます。

具体的な読書の仕方は

アイディアを生む読書術!記憶に残すためのキーワードメモとアウトプット

という記事にまとめています。

 

本によっては、書いている意味が全然分からない、ということがあります。わたしの経験では、原因は2つあります。

・テーマの基本的な知識が欠けている

・読解力がない

 

はじめて勉強するテーマに関しては、(1)基本書、(2)ムック本とよばれるダイジェスト版的な薄い入門書、この2つをそろえないといけません。

読んでも意味が分からない場合は、基礎知識が欠けているのが原因かもしれません。まずは基本書や入門書からはじめたほうが良いです。

 

もうひとつの理由は「読解力がない」からです。さきほどの原因は、本の選び方を変えることで解決できます。今度はそれだけでは解決しません。

ふつうのビジネス書レベルでは、読解力を要求されることはありません。大事なことが太字になってる本が多く、読みやすいです。

読解力が必要になるのは、文字が小さく、太字になってないような本です。わたしの場合は「哲学」の本がそれにあたりました。

読解力とは、幼児期から本を読み続けることで身につくものです。大人ではムリだと諦めてしまう人も多いです。

大丈夫です!幼児期には戻れませんが、あるテクニックを身につけるだけで解決できます。

 

わたしは受験用の参考書(現代文)で問題の解き方を身につけました。短時間に著者の主張を見抜くための受験スキルは、社会人の難しい系の本を読むのに使えるんです!

 

一番王道なテクニックは「接続詞」を利用してポイントを探すことです。著者の主張は一般論の後に述べられることが多いです。

【他の意見を認めつつ、自分はこう思う。】

【他はどうでもいい、自分はこう思う。】

 

アナタはどちらの主張の仕方が、説得力があると感じるでしょうか?多くの人は前者と考えるハズです。

【他の意見を認めつつ、自分はこう思う。】という表現のスタイルは決まってます。

「たしかに~」

「しかし・・・・」です。

 

 

すると、主張の方法にひとつの型が生まれます。

「一般論→しかし、主張」という感じ。

 

ということは「しかし」の後の話に全力を注いで読べば良いわけです。

受験テクニックとしては初歩らしいですが、現代文をまともに勉強したことがなかった10年前の自分には新鮮でした。受験現代文を学ぶことで論理思考を磨くことができました。

 

わたしが勉強に利用したのは出口汪さんの「実況中継」です。

アマゾンで確認したら、今も改訂を重ねて存在してました。

読解ルールを先に身につけておいて本当に良かったと思いました。これがなかったら、難書を買うたびに挫折してたでしょう。

 

今のわたしが読解ルールを身につけるなら、参考書は買わずに予備校の先生に教えてもらいます。文字だけよりも、ビジュアルや音があったほうが理解しやすいからです。

プレゼン、会議、交渉、メール、部下への指示などで、伝えるのが苦手な人にも「論理思考」はオススメです。読むだけでなく、伝える能力も上がるので一石二鳥です!

世界史・日本史・政経の参考書で、ニュースの背景、経済、人間とは何か? を学ぶ基礎作り

学生時代、「社会科なんて何の役にも立たない」と思ったことありませんか?

テスト週間になったら、慌てて丸暗記して終わり。。。という学生時代を過ごした人も多いかもしれません。

 

【政経】ならば、まだ政治や経済がメインテーマなので今に直結していますが、世界史や日本史はそういきません。

なぜ今を生きる人間が(過去の出来事を)勉強しないとダメなの?

 

10代のころに、歴史が今を生きる上でもヒントを与えてくれる何て、想像することは難しいですから。

世界で起きている紛争を理解するには、世界史の知識が必要です。ニュースだけ知っても、分からないのは背景知識がないからです。

池上彰さんのニュース解説が分かりやすいのは、説明や話し方がうまいだけでなく、私たちに欠けている社会科の知識を付け加えて説明してくれるからです。

 

「過去に目を閉ざす者は、現在に対してもやはり盲目となる」

これは私の大好きな、元ドイツ大統領のヴァイツゼッカーが残した言葉です。

これからの未来を生き抜くために、過去に学ばなければならないと教えてくれました。

 

本屋のビジネスコーナーには、教養本がたくさん目立つ場所におかれています。

・いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

・おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか?

・仕事に効く 教養としての「世界史」

このあたりが売れ筋です。教養のなかでも「歴史」がビジネスでは重視されてるのが、分りますよね。

 

・なぜ仕事で歴史が必要なのか?

受験用の世界史、日本史、政経の教科書(なければ参考書)で勉強しておくとニュースの理解力が深まるだけでなく、生き方、仕事のヒントになります。

 

・販売者、企画者として

人間は何を感じ、どのように行動してきたのか?これは今も昔も変わりません。歴史は繰り返すのです。

ヒット商品を生み出す人のインタビュー記事を読むと、本業とは関係のない歴史関係の本を読んでいる人が多いことがわかります。

・管理者として

30代以降になると、部下を教育する立場になります。40代になると、さらに大きな部隊を管理することになります。

管理するための帝王学を身につけるには、歴史の知識が必須です。

・エンジニアにも

理系出身の人は、受験で日本史や世界史を使わないできた人もいるでしょう。

自分の能力の限界、ワンステップ上に行きたいと感じたら専門スキルの向上以外に、歴史を学ぶと効果が大きいです。

 

10年前のわたしは、歴史をテーマにしたビジネス書に挑戦しました。恥ずかしながら、一瞬で挫折しました。

本を開いても、すぐ眠くなるのです。全然おもしろくない。

その原因を探ってみると、当時のわたしには歴史の知識がほとんどなかったのです。学生時代に日本史と世界史は履修してましたが、すでに忘れてます。

基礎知識がないまま、本を読んでも挫折します。なのでわたしは、本屋で現代文と同じく、世界史の実況中継を購入して読みました。これと一緒に、山川がだしてる要点を穴埋めしていく参考書も買いました。

今も実況中継は存在してます。本屋でみてきましたが、他にも【ナビゲーター世界史】もわかりやすそうでオススメできます。

 

歴史の勉強は興味がある人には楽しいですが、参考書を買っても挫折する人が多いです。社会人用の1冊で分かる系の本では基礎知識を補充できません。

実況中継だと5冊(文化史を除けば4冊)、ナビゲーターだと4冊は読み込まないといけません。