床にモノを置かない。それだけでアナタはミニマリスト♪

ミニマリスト

「ミニマリストになりたい!」という人が増えています。書店をみれば一過性のブームではないことが一目で分ります。

このブログではわたしなりのミニマリストのなり方や、そうすることで生き方にどのように変化があらわれるかをレポートしています。

冷蔵庫や洗濯機のない生活=ミニマリストとか必ずしも言えません。

モノがなければないほど良いのかもしれまえせんが、家族がいれば迷惑もかかるでしょうし、家の近くにコインランドリーもないのに洗濯機を処分したのでは、暮らしが不便になります。

自分に必要のないモノは処分するとして、本に出てくるようなミニマリストにはなれない。。。そんな悩みをお持ちの方におすすめの方法があります。

一人暮らしだろうが、家族がいようが、誰でも今すぐ始めることができる方法です!

 

 

「床にモノをおかない」

ただそれだけです。このルールを守るだけで部屋がスッキリしてみえます。簡単なようで意外にモノが床に散らばっているものです。

例えばティッシュ、脱ぎっぱなしの服、雑誌、スマホ、タブレット、バック、読みかけの本、テレビやエアコンのリモコン…こういうものをまずは床におくのをやめてみてください。

そして立ったまま部屋の中を見渡してみてください。モノが何もないすっきりした床を見ると、自分がミニマリストになったんだと思いますから^^

床にモノをおかない効果は、この他にもいろいろあります。

 

・掃除機がかけやすくなる

モノをどかしながら掃除機をかけると時間はかかるし、電気代も上がります。床に物がなければアナタの時間とお金の節約になります。

・お金がたまる

電気代が節約という意味合いではなく、貯金がうまくいってる人の床は綺麗だと言われています。貯金本などにも床をきれいにという話しはあります。なぜそうなるのかの説明はわたしにはできませんが、ご利益があることを知るだけでもモチベーションは続きますね。

 

今回は簡単にミニマリストになる方法をテーマに記事を書いてみました。床をきれいにするだけで、部屋の雰囲気はガラッと変わります。

その状態を3日、7日と続けていくうちに、アナタの心にも変化が出始めるでしょう。床の掃除にお金はかかりません。ご興味のある人は試してみてください。