社会人の英語勉強法|3ヶ月の独学で話せるようになる方法

英語の勉強法

社会人に効果的な英語の勉強法を紹介します。

一から英語を学びたい、学生のころ苦手だったという人は「初心者の始め方」からご覧ください。

何から勉強すれば良いか?文法や単語の覚え方、参考書の使い方やおすすめ本、ノートの作り方(希望者)、おすすめアプリを紹介してます。

3ヶ月の短期集中学習で、英語が話せるようになるプランを作成しました。スケジュール作りの参考にしてください。

初心者の始め方

久々に勉強する、一から英語を勉強したい、そんな初心者さんは、シンプルな学習計画で始めるのがオススメ。

人間は目標をたてるとき、つまり少し遠い未来を想像するとき抽象的に考えます。

「海外旅行で困らないぐらいに話せるようになりたい」

これ自体は悪くないのですが、抽象的な思考のままスケジュールを作るのは問題。
気分が大きくなって現実的ではない計画をたててしまうのです。

英文法、単語、長文、ライティング、リスニング、、、あれもこれもと詰め込んで消化不良を起こして挫折します。

何から勉強したらいい?

英語初心者は、「文法」⇒「単語」⇒「発音」の順番で勉強するのがオススメです。

 

英文は、単語をルール(文法)にしたがって並べたもの。

極端にいえば、単語と文法が分かれば、英文の意味は分かるということです。

 

「英語を話すにはリスニング(聴きとる)も大事だよね?」と思うかもしれません。たしかにそうです。

ただ、意味がわからない英文を、発音しても、聴き流しても、上達しません。

英語学習初心者は、「単語」と「文法」から始めるのがオススメです。

文法から勉強スタート

「じゃあ、どちらを優先すればよいのか?」が気になると思いますが、わたしは「文法」だと考えます。
「ある程度の単語を覚えてから、文法をやったほうが、意味が分かるのでスムーズに進められる」という考え方もあります。

もちろん、これでも悪くないのですが、単語の暗記で挫折する社会人が多いのも事実です。

なので、先に英文法の勉強から始めましょう!(単語については後から話します)

初心者は、中学レベルの英文法までで十分です。というか、中学校で勉強する文法がわかれば、高校レベルはおまけのようなもの。

そのぐらい、大事な基礎がつまってます。

「発音」の勉強で聴く力UP!

単語の意味が定着してきたら、さいごに「発音」をマスターします。

発音の勉強は、流暢な英語を話すためにするのではありません。英語を聞き取るためにやります。

会話で一番大事なのは、相手の話を聴きとること。自分の話すスピードは操作できますが、相手のは操作できません。

 

つまり、英語をはなすうえでポイントになるのが、リスニング力。

「それなら聴くトレーニングをしたほうが良いのでは?」と思うかもしれませんが、母国語と違い第二言語は聴くだけでは身につきません。

発音のルールを勉強して、実際に口からだして音にすることでリスニング力は身につきます。

ただ、初心者の段階では、「英文法」と「英単語」を勉強すればokです。

文法の覚え方

実践的に文法を使いこなすには「理解する」と「覚える」、この2つが必用です。

初心者の段階では、「理解する」に集中するだけでokです。

分からなくなったらテキストにかえり確認する。この繰り返しで、覚えようとしてなくてもしだいに身についていきます。

文法用語は無理に覚えなくてok

英文法を勉強するうえで、大きな壁になるのが「文法用語」です。

「関係代名詞」「目的語」、、、耳にするだけで学生時代の悪夢がよみがえるという人もいるかもしれません。

安心してください!社会人の英語の勉強に、必ず「文法用語」が必用なわけではありません。

用語は、授業で説明するうえで必用だからつかわれてるだけです。

学校の先生が「あれ」とか「それ」だけで説明しても、聞いてるほうはわかりません。

なのでルールをきめて、それに名前をあげたのが文法用語です。

社会人の独学では、自分さえ分かれば良いので、必ずしも小難しい用語を一つ一つ正確に覚えなくてもokです。

あなたが覚えやすいニックネームをつけるだけでも良いので、安心して勉強を始めてください。

 

参考書の選び方

社会人が英語を勉強するうえで、一番怖いのは「途中で飽きてしまうこと」です。
ある程度のスピード感で勉強できる参考書が良いです。

・1ヶ月で最低1周できる
・自分のレベルと同じか、少し下

書店にいくと、社会人用に「中学3年分を◯時間で~」的な参考書が売ってます。

パラパラめくっていただき、自分にあってるなと思えれば、それでokです。

「中学3年分を◯時間で~」系の本は、ルールのまとめが中心で、説明がたんぱくなものが多いです。

中学英語を軽く思い出したいという人は、これでokですが、一から勉強したい人には向いてないかもしれません。

おすすめの参考書

・やりなおし英語を志す社会人に広くおすすめできるのは「中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」

・何事もルールが大事!しかも文章化されてないと気がすまないタイプなら「Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル」

・英語が苦手。細かい部分よりも大きな視点からはいることが多い、感覚を重視するタイプなら「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典」がオススメです。

※いろいろ参考書や問題集をやったけど、つまらなくて挫折したという人にもビックファットはオススメです。簡単な文法しか扱ってないということではありません。

説明の仕方が、従来の参考書とは全然違っており、感覚として理解できるテキストになってます。

 

どちらをやるにしても、英単語はあまり意識しなくてok!どうしても知りたいと思った単語は辞書で調べるぐらいで良いです。

まずは、英語のルールにふれることを目標にします。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

学研から中学生向けに出版されてたシリーズを、高校生や大人向け学び直しの要素を追加して作られた本です。

ページ数は多いですが、1ページぎっしり説明だらけではないので、1日にやるページ数を決めてコツコツ進めれば1ヶ月で読み終えられます。

「中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」をAmazonで見てみる

Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル

ドリル形式で、書き込みながら中学英文法を復習できる本です。

デメリットは、ルールが細かく定義されており、しかも5文型からスタートするので、英語が苦手という人には、合わないかもしれません。

テキストに使うメリットは、参考書と問題集のいいとこ取りで、インプットとアウトプットを同時にできること。

そして「30日間で終了」と期間が設定されてるので、学習スケジュールがたてやすいことです。

「Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル」をAmazonで見てみる

 

『Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル2 』との違い

2018年3月に、続編の2が発売されました。

違いは、中学英文法に加え、高校の内容、日常英会話まで範囲が広がりました。

どちらにしようか迷ったときには、一から英語をしっかりやりたい人は『Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル』を選び、

少し英文法に自信がある人は2を選ぶのがオススメです。

「Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル2 」をAmazonで見る

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典

苦手意識が強い人には、この参考書がおすすめです。

文法用語は使わず、感覚的に理解できる説明になってます。文字だけでなく絵も一緒なのでイメージしやすいです。

 

『ビッグ・ファット・キャット』で、「英語ってこんなに簡単なんだ♪」と苦手意識をなくせた人がたくさんいます。

自分は英語が苦手だと思いながら、英文法のテキストを解いてもなかなか上達しません。

まずは意識改革からはじめてみませんか?

「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典」をAmazonで見てみる

 

単語の覚え方

2つのやり方があります。

・英文にふれながら、わからない単語にでくわしたら辞書で調べる
・単語帳を1冊準備して、繰り返し暗記作業をする

社会人の英語学習では、どちらの方法を採用してもかまいません。

どちらの単語の覚え方にも、メリット、デメリットが存在します。
あなたに合った方法はどちらかを判断する参考にしてください。

辞書をひきながら単語を覚えるメリット&デメリット

メリットは、「暗記しよう」と意気込む必用がないこと。

初心者は、なかなか単語が覚えられなくて、勉強がつまなくなって挫折するパターンが多いです。
デメリットは、調べる習慣がつかないと、いつまでも英単語が身につかないことです。

この勉強法のポイントは、辞書をこまめにひいて、どれだけ同じ単語に接触するかです。

例えば、英語の参考書や問題集で「confusion」という知らない単語に出くわしたとします。

意味を調べたら「混乱」だった。これが1回目の接触です。
そのあと、また「confusion」と接触し、辞書をひいた。前にも調べたことがあると、この時点ではじめて気づいた。
また「confusion」と出くわし、今度は意味がわからかったけれども、前に調べたことがあるという確信はあった。

↑こんな感じで、暗記する意識はしないで自然に覚えられるのがメリット。

ただ、英文にふれる機会が少ない、辞書でこまめに調べない人は、この勉強法で単語力をつけるのは難しいです。

 

紙の辞書、電子辞書、どちらでもok

ポイントは2つです。

・知らない単語に接触したらすぐ調べられること
・調べた形跡を辞書に残せること

例えば、あなたが自宅ではなく、カフェや図書館で英語の勉強をすることが多いとします。

個人差はあると思いますが、外出するときには電子辞書のほうが、持ち運びやすいかもしれません。
もちろん、紙の辞書を持ち運ぶのに苦労を感じない人なら問題ありません。

単語帳で覚えるメリット&デメリット

辞書で覚える場合は、常に英文にふれる必用があります。

単語帳のメリットは、独立して勉強できることです。

種類も豊富にあるので、英語学習の目的に応じて選べます。

・中学英単語を先に覚えてしまいたい
・英検やTOEICにでやすい単語から覚えたい
・英単語の意味がたくさんあるので、大事なもの一つにしぼって覚えたい
・長文を読みながら覚えたい

などさまざまな目的に対応できます。

単語帳のデメリットは、覚えようと意気込みすぎて、なかなか成果がでなくて焦り、挫折することです。

単語帳の使い方

初心者が単語帳をつかうときは、暗記しよう、覚えようと思わないこと。覚えるのではなく、何回もふれようと意識してください。

初心者は、英単語の意味をおぼえるだけでokです。発音まで覚えなくてもかまいません。

まずは単語をみて、日本語がでてくるまで何回も繰り返しましょう。

そのあとに、発音もセットで覚えるようにすると良いです。

まずは1点集中で、単語1個につき、大事な意味を1個覚えるまで繰り返しましょう。

おすすめの単語帳

中学英単語をひとつひとつわかりやすく。

「中学英単語をひとつひとつわかりやすく。」をAmazonで見てみる

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3

中学英単語から高校初級レベルまでカバーしてる単語帳です。

中味は日常英会話に使える表現が満載!英語上級者でも知らない、でもネイティブはふつうに使う表現が多数収録されており、一から英語を勉強したい人、話すための単語強化教材に最適です。

「速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3」をAmazonで見てみる



ノートの作り方

社会人の英語学習に、必ずノート作りが必用ではありません。
参考書に書き込んでいく方法もあります。

ここでは、ノートを作りたい人向けに解説します。

 

まとめ方のポイント2つ

基本的に、何を書いてもok

・時間をかけすぎないこと

・定期的に読み返すこと

時間をかけすぎない

ノートは記憶したいことをメモする感覚で書くと良いです。

なので、色をたくさん使ってキレイにまとめる必用はないです。

YouTubeやインスタで誰かに見せるなら話は別ですが、基本的に自分しか見ませんので。

3色以内でまとめる

重要なのは赤、単語など、なかなか覚えられないものは青で印、追記は緑、、みたいにマイルールを決めると良いです。

ノートの余白は大事!

ノートを書くときは、頭に日付をいれておきます。

その日によって書く分量は違うと思うので、日付が変わったら必ず新しいページに移るというルールはいりません。

ただ、ぎっしり詰めすぎないほうが良いです。

余白をあけておいたほうが、あとから書き足したいときに便利です。

ポイントをまとめようとすると、あれもこれもと書きたくなります。

細かいことは参考書をみれば分かることなので、「メモしたいこと」というノリでやったほうが継続しやすいです。

定期的にノートを読み返す

ノートは、忘れないため、覚えるために作ります。

メモするだけで、読み返さないのであれば作る意味はありません。

定期的に読み返す習慣をつけましょう。

効果的な付箋の使い方

日付をいれておけば、復習するときの目印になります。

もしくは付箋をはって、ここまでは復習したというのが一目で分かるようにしておくのも効果的です。

読み返してるときに、追記事項があれば書き足してください。

「こういう参考書がほしいな」
「これって何だったけ?(調べる必用がある)」

↑こういう行動が必用になることは、ふせんにメモしてノートに貼っておくとよいです。

ノートを閉じても付箋が見えるようにはります。行動できたら、その付箋をはがしてください。

手を動かすために使う

今までの説明以外で、効果的なノートの使い方をご紹介します。

それは、参考書を勉強するときに、書きながら確認していくということです。

例えば、現在進行形のルールが参考書に掲載されていたら

その部分をノートに書きながらチェックするということです。

ポイントをまとめてるのではなく、書くと読むを同時にやってるというイメージです。

 

なので、あとからそれを見て覚えようとするためのメモではなく、手を動かすためにノートを使ってるという感覚です。

社会人の場合、仕事からの帰宅後の勉強は、睡魔との戦いになるケースもありえます。

参考書を読んでるだけだと眠くなる人は、声にだしてみる。それでも眠くな人は、声にだしながらノートをとってみると効果的です。

ただ、この使い方ならノート書かなくも、紙であればなんでもokです。



おすすめのアプリ

 

Weblio(読み方は”ウェブリオ”)

辞書アプリです。紙や電子辞書よりも、手軽に調べられます。

単語のランクを、TOEICや英検のレベルで表示してくれるのも嬉しい機能です。

辞書で勉強してる人でも、スマホにいれておいて損はないアプリです。

Weblio 英語辞書 英和辞典/和英辞典・翻訳

Weblio 英語辞書 英和辞典/和英辞典・翻訳

Weblio無料posted withアプリーチ

 

スタディサプリEnglish

リクルートが提供する英語学習アプリです。

小中校生向けのスタディプリとは違い、日常英会話の習得に特化してます。

難易度別に選べるので、あなたの英語レベルにあわせて始められます。

課題をクリアするごとに、成績データが蓄積されて、あなた専用のトレーニングメニューを作成してくれます。

発音の勉強に非常に役立つアプリです。発音のルールから、実際の会話での聞き分け方トレーニング、自分の発音が正しいかの正誤判断、これひとつあれば、英会話教材はなにもいりません。

月額980円で24時間いつでも使えます。個人レッスンにかかる費用とは比べ物にならないぐらい安く、そして何度も繰り返せるので学習の成果が出やすいです。

 

無料でスタディサプリを体験する⇒

手続き簡単♪期間内ならいつでもキャンセル可



3ヶ月短期集中スケジュール

まずは3ヶ月、集中して英語の勉強をしてみる。

6ヶ月とか1年ではなく、3ヶ月で良いのです。小さな成功体験を積み重ねるのが、英語力UPの秘訣です。

3ヶ月が社会人に良い理由

・3ヶ月とは、集中が継続し、かつ成果が見込める最小単位!

3ヶ月単位で目標値を管理してる企業も多いと思います。

Googleでは「3ヶ月サイクル」という考え方をプロジェクトや人事異動まであてはめています。

参考:『3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェア№1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール』

 

「短期集中で英語を勉強するメリットは分かったけれど、、、1万時間トレーニングすればマスターできるという話もあるじゃない?」と思う人もいるかもしれません。

長期トレーニング効果の根拠になってますが、誰でも1万時間やればマスターできるとは書かれなのをご存知でしょうか?

マルコム・グラッドウェルさんの著書『天才! 成功する人々の法則 』で紹介され話題になりました。

努力は報われるという根拠としてよく使われます。ただ、拡大解釈されて広がってる印象をうけます。

どんな人でも1万時間やれば効果がでるという話ではありません。

本のタイトル『天才! 成功する人々の法則 』から分かるように、成果を収めた人が、1万時間の法則にあてはまるという話をしてるだけです。

たしかに、勉強を継続すれば一定の成果はでるかもしれませんが、効果があるかもわからない1万時間を目標にするのは建設的だとはいえません。

それより、自分を短期決戦に追い込んで、集中して取り組むほうが、成功する確率は高いです。

おすすめスケジュール

英語が苦手な人は

1ヶ月目:ビッグ・ファット・キャット
2ヶ月目:スタティサプリEnglish
3ヶ月目:スタティサプリEnglish

※2~3ヶ月目も定期的に「ビッグ・ファット・キャット」を復習する
特に、文章に登場する英単語で、知らないものをノートにまとめて、何回も見直すと単語力がUPします。

それ以外の人は

1ヶ月目:中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。もしくはMr. Evine の中学英文法を修了するドリル
2ヶ月目:スタティサプリEnglish
3ヶ月目:スタティサプリEnglish

※2~3ヶ月目も定期的に参考書を復習してください。

 

アプリを使わない場合

「スタディサプリEnglish」は、単語と発音を強化するために使います。

これ1個あれば、何もいらないぐらい便利なのでぜひ試してほしいですが、中にはアプリなしで勉強された方もおられると思います。

その場合は、

「速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3」を使うか、辞書でその都度調べる勉強法で単語を強化。

発音には、「オドロキモモノキ英語発音 子音がキマればうまくいく」という参考書を利用して勉強するのがオススメです。

スタディサプリのように発音判定や個人特有の弱点強化はできませんが、基本ルールを学べる教材になってます。



まとめ

「1日何時間勉強すればよいのか?」が気になるかもしれません。

勉強に使える時間は人それぞれなので、コレという数字は言えません。

ただ、3ヶ月間やりきると覚悟を決めたら、その期間だけは、英語を最重要事項に!

通勤時間や休み時間など、使える時間全てを英語にささげてください。

注意点としては、睡眠時間を削るのはNGです。睡眠を削って良いことは、何一つありません。

 

3ヶ月きっちりやれば、想像もつかないくらいに進化してる自分に驚くことでしょう。

新しい挑戦をしてみましょう♪

・海外旅行、オンライン英会話で腕試し
・英検やTOEICの勉強
・「ビッグ・ファット・キャット」シリーズに挑戦

英文法の参考書を何回も復習後、高校英語にチャレンジしたいときは、『一億人の英文法』に挑戦してみてください。

このあと、まとまった文章を読みたいなら「速読速聴・英単語 Core1900 ver.5」がオススメです。

・関連記事

1億人の英文法の使い方。英語を話すための勉強法
『1億人の英文法』の使い方をまとめました。ノートは作ったほうがいいの?例文は暗記するべき?問題集は買ったほうが良いの?復習はいつやればいいの?学習スケジュールは、、、このような疑問に全てお答えます。1億人の英文法を使いこなすためのノウハウをぎっしりつめこみました。英語を話せるようになる勉強法をお探しの人はぜ参考にしてください。164