東芝のルネキャットを使ってみた@消臭スプレーと全然違うよ

雑談のまとめ記事

IMG_1464

今日紹介する商品は東芝の「ルネキャット」。「除菌」、「抗ウイルス」、「消臭」の3点を1本でこなすスプレーです。

自分のにおい、家族のニオイ、気になると止まらないですよね。

靴や枕のニオイが気になり消臭スプレーを使っていましたが、香りで誤魔化している感が強くて不満でした。

そこで気になってた東芝のルネキャットを使ってみることに。

 

ふつうの消臭剤(スプレータイプを含む)と何が違うのか?

一般的な消臭剤は「臭いを包む」ことで消臭します。

つまりニオイを包み込む力が、時間の経過とともに落ちるとまたイヤな臭いが再発する可能性があるわけです!

においの原因を消すのではなくて、一時的に隠すというイメージ。どの商品も同じとはいえませんが、「効果は使用したとき」だけ。

いつまでも消臭剤を使い続ける必要があるわけです。

IMG_1466

ルネキャットは、ニオイの原因そのものを分解します。

スプレーするだけで光触媒が有害物質を分解してくれます。

ただし日光や照明がないと「光触媒」が働かないので注意してください。一日中真っ暗な部屋で使用しても効果がありません。

それとスプレーしたモノを洗ってしまうと光触媒がなくなるので効果がなくなります。

 

生活空間のニオイの気になるさまざまな場所に使えます。

使用例:カーテン、ソファ、カーペット、衣類、トイレ、靴、帽子、車の布シートなど。

わたしの場合は、枕にスプレーしてます。ニオイの気になる場所なので。

自分のニオイって人から指摘されないと分からないことが多いです!

なので一般的に「くさい」と言われやすい部分にスプレーしておくと、家族や彼氏、彼女に迷惑をかけなくて済みます。

自分でにおいに気がつくと良いのですが、無理な場合は何気にルネキャットをスプレーしてあげるのもアリです。

一般的な消臭剤って、香料が強いですよね。ルネキャットは無香料なので、スプレーしてもバレません。

 

値段が60グラムタイプで1290円、180グラムで2360円と消臭剤としてはお高い!

でも根本的に消臭のメカニズムが違いますし、効果の持続力が違うので、コスパは良いです。