塩分控えめで柔らかくて食べやすいおせち料理を通販で探してみた

雑談のまとめ記事

今年のおせち料理は通販で注文すると1年前から決めてました。作るのが大変ですからね。

何がいいかなとネットで検索しているうちに、実家の分も注文することにしました。(今回は実家に帰省しません)

「これからおせちをネットで予約しようと探している人」「カロリーや塩分を控えめ(減塩)にしたい、原料や柔らかさを気にしてる人」「夫婦で食べたい」、、、こんな感じでおせちを探している人向けの記事です。

少人数用として3つ探しましたので、それぞれ何が違うかなどを参考にしてもらえればと思います。

少人数用で健康志向なおせち料理

母親の希望は少人数用で塩分とカロリー控えめが良いとのこと。

最近は栗きんとんやブリの照焼りやきも食べにくくなってきたので柔らかくて食べやすいものがいいね~。

と要望がどんどん出てきました(汗)

そんな都合のよいおせち料理があるのか、正直調べる前から意気消沈。

とりあえず「おせち シニア」と検索してみました。母親には「シニア」とは口が裂けても言えません。しかし、我が家用のおせちを注文するときにかなり調べました。その記憶をたどると、母親が言うようなおせちはありませんでした。

なので、思考を180度かえてインターネットで探すことにしました。

 

紀文のおせち料理

まずヒットしたのが紀文オンラインショップ。

「シニア向けおせち」とズバリの商品を見つけました。広告によると「食べやすくて体にやさしいおせち」とあります。具体的にどうやさしいのかを調べてみると、、、

・かまぼこの塩分が50%オフ
・黒豆、ぶりの照焼、煮しめのふき
→食べやすいように柔らかく柔らかく煮ている

残念ながら「栗きんとん」は柔らかくはしてないようです。まあ従来品で十分いけるでしょう。それ以外は母親の要望をクリアしてます。

海老や蟹などおせちの定番品は中身にありませんが、母親の好きなものは入ってます。海老や蟹よりもマグロの刺身が好きなので、送金する形で近所のスーパーで新鮮なものを買ってもらえばいいかなと感じました。



北海道函館花びしのおせち料理

次に見つけたのが北海道函館の花びしのおせち料理。

 

これが良いなと思った理由は「ベテラン主婦が選んだ失敗しないおせち」という部分です。厳しくチェックしてくれてるようです。できれば「失敗したくはありません」新年から失敗は誰でもしたくないですよね。

 

公式サイトの写真をみると私の母親に近いと思われる方も大勢おられたので、その人達が太鼓判を押してるなら良いかもなと思いました。

 

「中国産主原料不使用」「合成保存料不使用」「合成着色料不使用」というところ。最初にみつけた紀文のおせちと違い、「柔らかく煮ている」とか「塩分控えめ」という表記はありません。

しかし、見た目が華やかで原料が健康志向の母親にはいいかなと思いました。

届いたらそのままテーブルで広げられるところがポイントが高いです。紀文のおせちは個別パックされて届くので、開封して並べないといけません。

これを手間と思うかどうかは個人差はあると思います。今まで家でおせちを手づくりしていた人からすれば「手間」とは感じることはないでしょう。

【北海道函館花びし監修おせち】詳細はこちら

大阪北新地 月波のおせち料理

花びしのおせち料理は洋風な感じです。もしかしたら和風のほうが良いかもしれませんので、ベテラン主婦のチェックが同じくはいっているものから和風を探しました。

すると大阪北新地「月波」が監修したおせち料理が見つかりました。こちらも「花びし」と同じで「中国産主原料不使用」「合成保存料不使用」「合成着色料不使用」です。

【大阪北新地 月波監修おせち】詳細はこちら

ここまでて候補が3つ揃いました。

・紀文のおせち+お刺身(現金支給)/塩分控えめ/柔らかくて食べやすい/

・函館花びし(和洋)☆ベテラン主婦チェック有/原料安心/開封後そのまま食卓へ/

・大阪北新地月波(和)☆ベテラン主婦チェック有/原料安心/開封後そのまま食卓へ/

この3つから母親に選んでもらうことにしました。
親の目線でおせち料理を選ぶと、いろいろな発見があっておもしろかったです。