バス用緑の魔女を使ってみた!お風呂場用洗剤レビュー

雑談のまとめ記事

「緑の魔女」というバス洗剤を購入しましたのでレビューします。口コミで評判は良く、トイレ用、キッチン用とラインナップされています。今回ご紹介するのはお風呂洗剤になります。

緑の魔女(お風呂用)をレビューします

xdsfgwser

Amazonで31%引きの288円で販売されていました(注文時の値段です。現在は変更されている可能性があります)アマゾンのレビューは61件、評価は☆4つ(☆5個中)でしたので、期待できそうです。

img_4186

お風呂用洗剤として「緑の魔女」が気になった理由のひとつが「バイオの働きで排水パイプもきれいに」という部分なんです。

お風呂場の排水口は洗面台やキッチンほど気にはなりません。おそらくお風呂に入るときには使用しないからでしょう。

でも掃除すれば分りますけど、かなり排水口は汚れてます。当たり前の話ですけどね。

なので年に数回は排水口をきれいにする専用洗剤で掃除してます。毎回のお風呂場掃除で排水口まできれいになったら、うれしいですよね~。期待してます。

 

img_4187

「緑の魔女」はドイツ生まれのようです。アマゾンの表示では原産国は日本になってますので、日本風にアレンジしているということですね。

アマゾンのレビューでも水垢がよく落ちたという感想がありました。環境にやさしいということは、掃除している人にもやさしいということですね。

成分の強い洗剤を使うと、お風呂場の掃除が終わったあとに手荒れすることもあります。汚れを落とすには、ある程度の手荒れは覚悟しないといけないのかなと思ってました。

どのぐらい水垢が落ちるのか楽しみなのと、使用感をレビューしてきたいと思います。

緑の魔女お風呂用の使用前後を比較してみましょう

img_4188

img_4200

アングルを同じするように撮影したつもりが、こんな結果に(汗)注目は左部分の水垢です。きれいに落ちているのがお分かりいただけると思います。

img_4192

img_4203

こちらの画像でも水垢が落ちていることが分りますね♪ お風呂場の掃除が終了したあとの手の状態は、良好でした。全然手荒れしてません。これは女性に喜ばれると思いますよ!

掃除中の力の入れ具合なんですが、水垢を落とす時に少し工夫しました。さっとスポンジでふいただけでは落ちません。少しふやかしてあげて頑固な汚れを柔らかくしてあげる必要があります。

緑の魔女をスポンジで泡立てて汚れの目立つ部分を集中してこすります(力のいれかたはいつも通りで良いです)そのあと綿棒でこすってあげます。すると汚れが浮いてきます。もし綿棒で入りにくい部位があればつまようじを使うと良いです。ねじの細かい部分は綿棒でも入りにくいです。

緑の魔女の泡立ちは?

img_4199

ちなみに「緑の魔女(お風呂用)」の泡立ちはこのぐらい。そんなに悪くありません。画像をみてもらう泡が細かいことがお分かりいただけると思います。

使うスポンジによっては泡立ちがよくないと感じる場合もあるかもしれません。レビューにもありましたし、初めの段階では「おやっ」と思いました。

スポンジが新しいものだったこともありますし、使うにつれて泡立ちは良くなった感じです。

市販のお風呂用洗剤を比較すると泡の持ちはよくないので、小まめに補充することになります。

緑の魔女(お風呂用)は汚れの気になる部分に直接攻撃が可能

緑の魔女は、シュッと泡でひとふき~みたいな今風のものではありません。使ってみて良かったと思ったのは、汚れのひどい部分に直接原液をかけることができることですね。

これは泡式の洗剤だとできません。濃いやつをかけることができるメリットは大きいと思います。泡立たせるのが面倒と感じる人には向いてません。(手荒れはしませんのので安心して泡立たせることができますよ。)

 

緑の魔女のにおいは?

洗剤特有の嫌なニオイはなく、逆にニオイを隠すために付けられた香りも感じませんでした。

Amazonだと単品注文ではなく何かと合わせて合計2,000円にしないと注文できないです。

まとめ

「緑の魔女」は手荒れすることなく、お風呂場を掃除できました。

Amazonで本などを買う機会があったら、安いので試してみるのもアリかもしれません。大掃除に向けてお風呂用洗剤を探している人にもおすすめします。

 

【関連】レンジフードの清掃には、スクラビングバブルという洗剤がオススメです。以下のリンク先ページにまとめてますので、換気扇の油汚れが気になる人はチェックしてみてください。

>>>換気扇のフィルター掃除に|スクラビングバブルがおすすめ