【論理的に考える方法】ビジネス思考力を鍛える⇒仕事が楽になる

仕事術に関する記事まとめ

このページでは、論理的に考える方法について解説します。

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

  • コミュニケーションが下手
  • 指示出しが苦手
  • プレゼン、交渉やセールスが苦手
  • 判断ミスが多い(思い込みで結論を出す)
  • 考えても結論が出ない(途中で考えるのをやめる)
  • 創造力がない(未来への備え、アイデア出しが苦手)

↑これらは、過去の私が仕事や日常生活で悩んでいたことです。

論理的思考力を鍛えることで、これらの悩みを解消できました。

どのように学べば、論理的に考える力が身につくかを解説します。

論理展開の基本パターン2つ

・演繹法(えんえきほう)

A(一般論)とBからC(結論)を導き出すのが、演繹法です。

例1

A「人間はいつか死ぬ」+ B:「ソクラテスは人間である」

⇒C「ソクラテスはいつか死ぬ」

・帰納法 (きのうほう)

①②③から共通部分を探すのが帰納法です。

「A+B⇒C」や「①②③⇒共通部分」という考え方は、ふだんやっている人も多いと思います。

ポイント

「演繹法」や「帰納法 」には落とし穴がある。

論理的に考えようとするあまりに、公式を絶対的に信じるのはNG!

なぜなら、AやB、①②③に誤りがあれば、「結論」や「共通部分」はウソになるからです。

現在、作成中です(2020.5.10)

タイトルとURLをコピーしました