小物の整理整頓のコツは分散させない@モノを探してばかりの人

ミニマリスト

自分も含めて整理整頓が苦手な人は、モノを探す時間が多くなってしまいます。

特に小物!カギをどこにしまったのか?ポイントカードは財布のどこに??(レシートだらけ)

この時間を無くすことで精神的なストレスがなくなります。対処法は簡単で「重要なものは一箇所に集めること。」

「重要度が低いものは捨てる。」だけ。たった2つです。

小物を収納する場所を一点に集中させる

小物を2種類に分けます。

■1使用頻度の高い&外出時も持ち出すもの(カギ、財布、ボールペン、メモ帳、薬、スマホ、充電器)

■2家での使用頻度が高いもの(iPad Air2、MacBook Pro、ACアダプタ、イヤホン、マウスなど)

1と2のそれぞれを集めるスペースを確保します。つまり2箇所分。

外出で使うバックを収納スペースにする

⇒「1」は外出中に使用するバック、リュックにします。理由は明日も同じく持って行くからです。これで忘れ物をなくすことができます。

⇒「2」は任意ですきな場所にします。大事なことは、できるだけ分散させないこと。
取りやすいように、探しやすいように工夫することも必要です。しかし、最優先事項は「探す時間をなくすこと」ですから「分散させないこと」が大事。

保存場所をモノによって変えないこと

カギが玄関、財布はテーブルみたいにしてはいけません。重要なものはとにかく1箇所です。

さらに重要だけど、持ち運ぶ必要がないものを置く場所を別に設けてください。

持ち運ぶand重要度の高いものは、私の場合全てリュックを保管場所にしています。

帰宅後、リュックは重要度の高いものを保管する場所になるのです。

1箇所に集まってる安心感は何にも代えがたいです。薬もメガネも財布も、カギもスマホも全部です。

小物を置く場所は決まった!次は取り出しやすくする工夫

「1」に対してはバックインバックが役立ちます

これのおかげでひと目で、何かどこにあるのか把握できます。

財布を二つ折りにするだけで生活かわる!

長財布を利用していましたが、でかいので二つ折りに変えました。

IMG_1270

「財布がでかい」=何でも中にいれてしまう。

レシートもクレカもポイントカードも。気づいたら膨れ上がった財布が目の前に。

ポイントカードは重要度が低いので捨てました。新しい店に行ってももらいません。これだけでレジ前で焦る必要がなくなります。

とは言うものの、使用頻度が高い店のポイントカードは残しても良いと思います。

線引きをしっかりすることです。じゃないとポイントカードはどんどんたまっていきますからキリがありません。

「財布がでかい」=持ち運びに不便。

家から歩いてすぐのコンビニに行くにしても、長財布は邪魔です。ズボンの後ろポケットにいれるのもみっともないです。分厚いので(汗)

ふつうの外出時に、財布さえなければ手ぶらで行けるのに!!!
ということもありました。財布を整理整頓して薄くしても、後ろポケットにいれるは抵抗がありました。

10代の子がやるならいいですが、大人がやるのはなんか。。。(個人の感想)

「2」はビニールネットケースが便利

 

100均で透明ケースとビニールネットケースを買ってきて、小分けに袋に収納しています。

パソコンの周辺機器はコードが絡まると面倒なので小分けにするのがおすすめです。

重要なのは収納ケースにこらないことです。できればケースはないほうがベスト。
こりだすとキリがないし、最後にはゴミになります。

できるだけモノを減らして少数精鋭体制にすることを優先するのがおすすめ。

収納方法ではなく、置く場所にこだわる

整理整頓が面倒な人は、1箇所に集めておくだけも大丈夫です。ソコにあると分かっていれば後は探すだけなので。

ダメなのはあるか分からないけど、とりあえす探すことです。時間がモッタイナイですよね。

モノを探す行為から生まれるのがストレスだけなら、自分が我慢すればいいだけの話かもしれません。しかし家族や恋人から、冷たい目で見られていたらどうでしょう?

 

なんとかしないいけないと思いますよね。(私はまさにこのパターン)

今回わたしが紹介した収納方法は、ミニマリスト本の影響が大きいです。

ご存知の方もおられると思いますが、軽く紹介しておきます。

アナタは「ミニマリスト」をご存知ですか?

物にあふれる時代の中で、「できるだけモノを持たない暮らしを実践されている人たち」を指します。

部屋の中はガラッとしていて、引越しが2万もかからないぐらいモノがないのです。

洗濯はコインランドリーや手洗いで済ませ、冷蔵庫はクーラボックス、テレビはない。。

こんな感じのイメージです。

書籍で知ったミニマリストさんを紹介します。

ミニマル&イズムhttp://minimalism.jp

dghetrhrt
「ぼくたちに、もうモノは必要ない」の著者佐々木さんのブログです。

 

・ますたりーhttp://mastery.hatenablog.com

 

fhrtr646

 

「必要十分生活」の著者たっくさんのブログです。

 

 

ミニマリスト=節約家ではない

ミニマリストの本を読むと、消費しないケチではないことが分ります。
自分のこだわりの道具を使っています。ただし無駄に何個も持つことをしません。

使用頻度が少ないモノはレンタルや外部サービスを利用します。

ここ数年、整理整頓が日本だけでなく海外でもブームになってます。

「人生がときめく片づけの魔法」がロングセラーになっている近藤麻理恵さんは、なんと「世界で最も影響力のある100人」に選出されましたからね。

ミニマリストはモノを持たない暮らしを愛する人たちだ

ミニマリストの考え方は、整理というより持たないに力点がありますが、いずれにせよキレイな環境にみんな憧れていることは間違いないようです。

私は近藤さんの魔法本も、ミニマリストが書いた本も両方読みました。自分にぴったりハマったのがミニマリストの考え方でした。

全てをマネすることはしませんが、根本的な考え方を自分のものにしようと実践中です。

モノが捨てられなかった人間がミニマリストの本を読んだ結果」という記事で、1回目の報告をしてます。

まとめ

使わないものを処分して、本当に必要なものを少数精鋭で揃えるのは快感です。

朝起きてキレイな環境は、それだけでプラスの効果があります。

整理整頓が苦手な人にはミニマリストの考え方、生活の仕方は学べるところが多いですよ。

部屋を空っぽに近い状態までにしようとは思いませんが、シンプルな生活は爽快です。

・考えに考え残した数冊の本だけが棚にある景色。
・ポイントカードを捨てて、厳選したカードを収納した二つ折りの財布。
・アプリも必要なもの以外は捨てました。