教養

世界史の勉強をしたい社会人へ。独学の方法やおすすめ本

更新日:

Devanath / Pixabay

 

世界史の勉強をしたい社会人に、どのように進めればよいかを解説します。

「高校生と同じやり方をしても、テストのない大人には意味がないよね。でも、どう勉強すれば役立つのか分からない、、、」

そんな人向けの記事です。

もちろん、理系出身で学生のころに世界史を履修してない人にも、役立つ内容にしてます。

この記事を最後までよめば、歴史を仕事や生活に役立てられるようになります。




社会人の世界史に記憶力はいらない

社会人に身につけるべき「世界史の教養」とは、大学受験の知識ではありません。

過去の出来事を抽象化して自分の環境にあてはめ、未来に向かった行動するためのツールです。

 

「歴史」は古い過去の話、「世界の出来事」なんてスケールが大きすぎて自分には関係ない。でも雑学程度の教養は社会人としてもっておきたい。

このような理由で世界史を勉強するのも悪くはないですが、仕事や自分の生き方に役立つ使い方があります。

 

いま目の前でおきてる現象は、過去の出来事の延長上にあります。

AIが発達して、人間がやるべき仕事とはなにか?、概念が変わろうとしてます。

これは、イギリスから始まる産業革命でも同じことが起きてます。

 

それまで職人が手作業でやっていた仕事を、機械が奪いました。(動かすのは人間だけど、職人でなくてもよい)

今わたしたちが置かれてる環境、抱いてる将来への不安とソックリです。

 

歴史はくり返す。ただし全く同じではなく螺旋状に進む

科学技術は、過去よりも今のほうが優れてますが、人のメンタルはそう変わりません。

時代が違っても人間の行動はそう変わっていない。だからこそ「歴史は繰り返す」という言葉があるわけですね。

 

学生時代は、テストのために用語を1個でも多く暗記することが勉強でした。

しかし、社会人に必要なのは暗記ではなく、過去の出来事を俯瞰(ふかん)して未来に生かす力です。

 

・歴史のパターンから未来を予測する

・出来事を抽象化して今に生かす

↑この2つが社会人が世界史を学ぶメリットです。

 

世界史の教科書や関連書籍にのってる出来事が、そのまま未来には起きません。

しかし、同じパターン、周期をくり返しつつ、技術の発達により螺旋状(らせんじょう)に進化します。

 

法則(周期)をみつけることができれば、先手をうって未来に向けて対策できるということです。

ただ、いきなり「歴史の周期(法則)」は見つけられません。

ここでは、社会人が挫折せずに世界史を勉強できる方法をご紹介します。




世界史のおすすめ勉強法は2ステップ式

ステップ1:世界史の基礎をチェック

世界史を学ぶには、基礎知識が必要です。

 

いきなり専門書から入ると、多くの人が挫折します。

なぜなら、原理原則を理解するには歴史的背景なしにはムリだからです。

四則計算(たし算、ひき算、かけ算、わり算)を知らずに因数分解にチャレンジするようなものです。

 

世界史の基礎とは、教科書レベルの知識を指します。

丸暗記する必要はありませんが、まずは一通り確認して、いつでも調べられる状態にしておきましょう。

 

学生時代の記憶が残ってる人は、ステップ1を飛ばしてもokです。

 

オススメは世界史の資料集をながめる

帝国書院の世界史資料集タペストリーの表紙

ステップ1で挫折しないコツは、教科書や参考書をつかわないことです。

文章だけでなく地図や年表、写真や絵がのってやつで、高校生のころに使った人が多いと思います。

これを空き時間に眺めるのです。

・資料集の中身

世界史の資料集の中身

 

世界史の資料集の中身(美術)

※中身を公開すると著作権の侵害になるので、画像を加工してます。雰囲気が伝われば幸いです。

 

最初のページから順番にみる必要はありません。資料集をパラパラめくっても、興味のある時代を選んでもokです。

例えば漫画の『キングダム』が好きなら、中国の春秋戦国時代のページをながめるのです。

読まなくても良いのでながめてください。

高校で習った記憶を埋める感じで、すすめていきましょう。




・資料集はどこで買える?

Amazonでも書店でも売ってます。山川出版の資料集であれば、どの書店でも入手しやすいと思います。

わたしは、帝国書院の資料集が好みなので愛用してます。

 

注意:

高校で世界史をとってない、もしくは、ほとんど忘れてる人は、フックになる知識が足りません。

 

なので、参考書(ナビゲータ世界史Bor実況中継)かスタディサプリで知識をつけてから資料集をながめてください。

最初に話したように、参考書は挫折しやすいです。ナビゲーターも実況中継も4冊程度のシリーズものですから。

 

おすすめは動画で説明してもらえるスタディサプリです。

動画授業を受けて、資料集をながめれば理解が早く、かつ挫折しにくいです。

 

受験生の2人に1人が利用してます。分かりやすさがケタ違いですよ。

特に学生のころに世界史をとってない、とってたけど全然覚えてない人にはオススメ。

 

教えるプロの話を聞いたほうが、本を読むより何倍も早いです。

社会人の世界史学習の本質はステップ2なので、ここで時間を消耗するのは得策ではありません。

 

月額980円で世界史だけでなく、英語や数学など全教科の授業を見られます。

 

スタディサプリは社会人でも利用できます!

今なら14日間の無料体験ができます。

 

注意

・受験しませんので「合格特訓コース」は選ばないでください。

・「支払い方法」の選択があります。

体験期間中に退会すれば請求はされません。(退会方法は、申込完了時に届くメールに記載されてます)

 

スタディサプリ公式ページを見てみる⇒



 

ステップ2:専門書を読む

世界史の基礎知識ができあがったら、今度は専門書を読んでみましょう。

すぐに役に立たなくなる本はパスしましょう。

 

一般的にビジネス書とはノウハウ集です。

技術の進歩が激しい昨今では、昨年かった本は今年はもう使えないということもあります。

 

「じゃあ、古典を読めばいいのか!」と思いますよね。

その通りなのですが、最初にそれをやると挫折する可能性が高いです。

 

ビジネス書と古典の中間あたりを攻めるのが、最初はよいと思います。

人間の行動パターンが学べて、未来に生かせるものを選びます。

 

社会人におすすめの歴史本

・銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎

・サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

・コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

・市民のための世界史

 

スタディサプリ公式ページを見てみる⇒



 

 

 

-教養

Copyright© SORCELOG , 2018 All Rights Reserved.