未分類

【レビュー】マイクロソフトのウェッジモバイルキーボードを買ってみた

更新日:

 

 

IMG_1643

タヴレット用のキーボードがほしくてアマゾンで購入しました。

買ったのはマイクロソフトの「ウェッジモバイルキーボード」

人生初のBluetooth キーボードですw

 

マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022

梱包サイズ10.1 x 25.7 x 2.1 cm、商品重量:463 g

参考価格8,208円 アマゾン価格5,107円

2割引のクーポンがついてたので、5,107円からさらに1044円引きで購入できました。期間限定でマイクロソフトの一部商品が割引されていたようです。

マイクロソフトって、ときどきキャンペーンやっているので、マウスやキーボードを購入予定の人はアマゾンを定期的にチェックするのもアリではないでしょうか?

 

では開封してみましょう。

IMG_1644

箱の中は二段になっておりまして、上段にキーボード本体、下の段にカバーと充電器、取り扱い説明書と単四電池が入ってました。

IMG_1646

▲キーボード。キーボードは変形(たたんでコンパクトにできる。。。)しません。このまま持ち運びすることになります。

打ちやすそうのキーボードです。最近はストロークの浅いものが多いですが、こちらは持ち運び用としては十分です。

 

IMG_1648

▲キーボード裏面 黒いでっぱている部分に電池(単四2本)をいれます。このでっぱりのおかげで、キーボードを使用するときに角度をつけることができます。そのため手の疲れが軽減できる仕様になってます。

IMG_1645

 

▲カバー。がっちりしてるのでカバーとしての機能は十分に果たしてくれそうです。見た目も安っぽくなくて良いです。

真ん中で折り曲がるようになってます。タブレットを立てかけるときに使用します。

IMG_1650

▲カバーは真ん中で折れ曲がるようになってます。角度は自由。何度も使っていったときに、おそらく真ん中から劣化していきそうで不安。

このカバー、意外に重く感じました。キーボードよりも重い。

追記 2016年1月9日
心配していたカバーの劣化は今のところ問題なく使えています。実際に使用してみると、カバー部分に誇りが付着しやすく、目立ちやすいです。

 

U6R-00022開封後の感想

見た目はグッドです!文字が打てればそれで十分という考え方もありますが、外見も大事だという人もいるでしょう。

マイクロソフト製で値段も5,000円程度まで落ちてますので、コスパの高い携帯キーボードになるのでは感じました。

不安な部分は、キーボードの大きさと重さ。どんなカバンにいれるのかによりけりですが、そこは使い込んでみないと分かりません。

あとは前述しましたが、カバーの劣化が、どのぐらいの期間で起こるかですね。真ん中から亀裂が入らないか心配です。

次の記事でタブレットでの使用感をレビューします。

追記 2016.1.24 2013年モデルのネクサス7に使用した感想を【ネクサス72013とBluetooth キーボードの設定】という記事にまとめました。
[ad#co-2]

 

 

-未分類

Copyright© SORCELOG , 2018 All Rights Reserved.