TOEIC 中学英語

TOEIC対策に中学英語を復習したい人へ|単語と文法の勉強法

投稿日:

 

TOEICには中学英語の知識が不可欠です。

試験に出題される英文法の8割はカバーできます。

これから対策をスタートする人にむけて、効率がよい勉強法を話します。

TOEIC中学英語の復習は英単語からはじめる

まず中学レベルの英単語はどのぐらい覚えてるでしょうか?

語彙力に自信がない人は文法の復習よりも単語を先に始めましょう。

参考書や問題集で分からない単語にであうたびに辞書で調べる勉強法もあります。

ただ、ベーシックな単語が頭にないと、調べる数が膨大になります。本来、やるはずだった勉強まで手がつけられなくなります。

本屋さんにいくとTOEICに出やすい英単語帳がうってます。実際に手にとって中をみるとわかりますが、中学英単語はあまり掲載されてません。

TOEICに出題されないのではなく、覚えていて当たり前のような前提で編集してる単語帳が多いのです。

なので中学英単語を復習するさいは、TOEIC専用ではなく学生用の単語帳を使ってください。

詳しい勉強法については「【単語】TOEICにでる中学英語|語彙を効率的に増やす方法」という記事にまとめてあります。

単語が終わったら中学英文法の復習に入りましょう。

中学英文法は「be動詞」「一般動詞」を徹底的に復習する

まずは「be動詞」「一般動詞」の肯定文、疑問文、否定文の作り方を完全に覚えているかを確認してください。

中学英語の範囲内で「be動詞」「一般動詞」の問題なら100%正解できるレベルになるまで先に進んではいけません。

それぐらい大事な単元です。

なぜなら他の文法項目に応用が効くからです。

例えば「助動詞」の肯定文、疑問文、否定文の作り方は「be動詞」と同じパターンです。

このあたりの話しは「【文法】TOEICにでる中学英語|効率の良い勉強法」という記事にまとめてあります。TOEICに出題されやすい文法項目も紹介してるので、復習の参考にしてください。

中学英語の各文法項目は、出題順を意識しながらも一通りやるようにしてください。

高校英文法は出やすい部分だけの勉強でもかまいませんが、中学英語はキホンなので最終的には全部の項目を復習できるような学習プランをたてましょう。

まとめ

中学英語を復習するとき、TOEIC対策用の参考書や問題集、単語帳はいりません。

下手に専用教材を使うと、網羅性が薄いハズレ本にであい基本が疎かになるかもしれないので注意してください。

「単語」→「文法」の順番ですすめましょう。

勉強期間が長くなるとモチベーションが維持できなくなるかもしれません。短気集中でやってしまいましょう。

-TOEIC 中学英語

Copyright© SORCELOG , 2018 All Rights Reserved.