未分類

【正しい加齢臭対策】気になる男は読んでおかないと恥をかく

更新日:

年齢を重ねるうちに気になるのが【加齢臭】です!30代になると少しずつ気になりだす男性が増えて40代になると何かしらのニオイ対策グッズを購入。

「オレ加齢臭ないし」という人はそういう性格なだけで、周囲は気にしてます。自分のにおいの変化は【気にしないと】【気にならない】という厄介な存在です。彼女や奥様に消臭グッズをプレゼントされて気がつく人もいるんです。

 

【加齢臭の原因】指摘してくれる人がいるだけマシ

嫁の一言に傷つくオレ【枕が臭い】

ニオイを指摘してくれる奥さん、彼女、子ども、職場の同僚がいるだけでもラッキーと考えるべきかもしれません。しかし出来るなら、人に言われる前に対処したいですね。

あなたに好意をもって加齢臭の指摘をしれくれたとしても、ムカつくと思いますので^^
わたし自身がそういう体験おります。妻に「枕カバーとバスタオルと耳の裏側が臭い」と直球球を食らいました(汗)

30代に入った頃ですが、やはりショックでした。

さて男性の加齢臭の問題に入りますが、30代以降のニオイは脂っぽいのが特長です。皮脂の酸化が原因になっています。残念なことに30代が一番皮脂分泌が男性は多いのです。60代あたりが加齢臭はキツそうというイメージがあるかもしれません。

じっさいは逆で年齢を重ねるうちにニオイが薄れていく傾向があるんですね。そういえば自分の祖父よりも父親のほうが・・・と思い当たる人も多いのでは?加齢臭を放置しておくと周囲に迷惑がかかりますから出来るオトコはケアしておかないといけません!

皮脂対策にはカラダを洗うしかない

「結婚してるから」とか「彼女いるから」とかモテなくてももういいから・・・なんてレベルの話しではありません。マナーとしてやっておかないといけない時代ですから。30代、40代の男性は必見の加齢臭対策講座の始まりで~す!

 

加齢臭の原因が【皮脂の酸化】であり30代が一番分泌量が多いわけですが、ニオイにも2パターンあります。30代はまだ序の口で40代になるとさらに加速化します。表現が難しいのですが、30代は【脂のニオイ】で40代から50代は【脂の腐ったようなニオイ】です

 

ニオイ対策をはじめには皮脂分泌の多いカラダの部位を集中攻撃しましょう。一般的に皮脂が多いと言われるのは以下の部位。

頭皮、Tゾーン(鼻)、耳の裏、脇、胸、背骨、へそ周辺、陰部

 

一番のニオイ対策は朝カラダを洗うことです。皮脂が酸化してニオイが出始めるのは約12時間かかると言われています。夜10時にお風呂に入ったとすれば午前中には臭い始める計算になります。勤務中の加齢臭回避には朝に体を洗うのが一番良いわけです。

さらに下着は朝に着替えることを基本とします。夜に着替えた場合、寝ている間に下着に汗や皮脂がついてしまい臭いの原因になります。なので夜以外にも、できればお出かけ前にもう1回着替えると安心です♪

30代、40代男のカラダはこうして洗え

次にカラダの洗い方です。ゴシゴシと力を込めてこすり洗いするのは完全にアウト(笑)刺激が強いと皮膚の防衛反応が働いて皮脂の過剰分泌が始まります。自分で原因を作っているようなものです。

泡で優しくカラダを洗ってあげるのが基本です。そのためには女性がよく使う泡立てネットの使用がオススメ!わたしも初めは妻のネットを拝借していました。しかしもっと便利なものがあることが判明して切り替えました。

ちなみに【男性の髪】という視点にたって朝カラダを洗うことを見るとマズイです。具体的にいうと朝シャンは髪に良くないということです。洗い過ぎは頭皮環境を悪化しますので1日1回以上は厳禁です。頭皮環境を綺麗にしてたっぷり睡眠をとることが毛髪サイクルには必須!理想は【夜に入浴orシャワー(洗髪も含む)、朝はカラダのみを洗う】。

【激しくおすすめ】買って良かった加齢臭グッズ

キクロン アワスター(やわらかめ)

 

Ag+スプレー

日中のニオイ対策としてはスプレーが効果的です。わたしのオススメは【Ag+】。銀のイオンの力で臭いを抑えるスプレーです。いろいろ試しましたがコレが一番でここ数年は他のメーカーにしたことはありません。(情報収集ということで新商品は購入しています)

 

30代、40代の加齢臭のまとめ

加齢臭をゼロにすることは不可能です。臭いの程度にさはありますが、生きている以上無理なのです(例外的に無臭の人もいます) いかに周囲に迷惑をかけることなく生活できるレベルまで臭いを抑えるかがポイントです。

 

-未分類
-

Copyright© SORCELOG , 2018 All Rights Reserved.