仕事術に関する記事まとめ

無印良品のメモブロック|仕事や自宅で役立つメモ用紙

更新日:

今回は「メモ帳」をテーマにしたいと思います。「How」ではなくて「what」、「何にメモしているか?」についての内容になります。

コピー用紙の裏を使う人もいるだろうし、スマホのメモ機能を利用する人もおられるでしょう。自宅と会社では何にメモするかも違ってきますよね。

IMG_3830

無印良品のメモブロックの良いところ(≧∇≦)b

最近わたしが利用しているのは無印良品で販売されている「ブロックメモ」という商品です。スペックを簡単にご説明すると「無地、サイズは100ミリ×100ミリ、400枚、販売価格は210円」

無印良品のブロックメモの、どこが気にいったのかを説明します。一番は「形と大きさ」です。正方形なので、どちらが上とか下とかありません。メモしたいと思ったら上下気にせずボールペンで書きこみます。そして100×100のサイズ、大きすぎず小さすぎす絶妙な面積です。

このメモブロックを居間のテーブルや、デクスの上に常備してます。

メモの書き写しが面倒なら付箋に書けばいい

大きめの付箋にメモして、そのままノートに貼る方法もやってます。このメリットはメモをノートや手帳に書き写す手間が省けること。そして付箋の色を使い分けることで、オリジナルの分別が可能になることです。例えば赤色の付箋は緊急度が高いメモ、黄色の付箋はアイデアのメモとかですね。

付箋メモは、分別と時間の節約に役立ちますが、手軽にメモするにはまだ遠いかなという印象です。例えばテレビを見ていて、メモしたいときに優先されるのは「急いで書く」ということです。

メモしたあとのことは、どうでもいいのです。スーパーに買物に行く前のメモ。買うものを忘れなければ良いだけです。終わったら即ゴミ箱行きです。

こういうのには無印のブロックメモはコスパも良く、手軽に使えます。何と言っても400枚で210円ですからね♪

無印良品のメモパッドよりメモブロックが好きな理由

無印良品には140×100のメモパッドという商品もあります。これは200枚で84円なので値段的にはブロックメモより1枚当たりの価格は安いのですが、正方形じゃないので使いにくいです。どこから書いてもよいブロックメモのほうが、わたしは好きです。

それと紙質ですね。メモパッドは高校で配られるプリントのような、シャーペンで書くと破れそうなざら紙チックです。学生でない限りボールペンを使用される人が多いと思うので問題はないと思いましが、小さなアイディアをまとめたいときには灰色よりも白地の紙のほうが個人的には良い気がしてます。

 

話し相手のためにメモするなら「ジョッター」

ブロックメモの弱点は携帯性に優れてないことですね。携帯性を重視するならスマホのメモアプリのほうが優れています。わたしはiPhoneのデフォルトではいってるメモアプリを使用してます。

自分用のメモではなくて、説明しながらポイントを書き込んで相手に渡したいときがありませんか?そんなときにはジョッタータイプのメモ帳を使います。

名刺入れに入るようなサイズのものです。最近は各文具メーカーがだしているので、自分にあったもの、使うシーンに応じて選べるようになっています。ポイントは立ち話をしながらメモするときは台紙が厚くないと書きにくいということです。商品選びのさいのポイントのひとつになろうかと思います。

試しに使ってみたいという人は、百均のダイソーで購入できます。用紙もケースも売ってます。口頭だけだと本当に伝わっているか心配、ミスしやすい要注意人物への指示出しなどにジョッターメモは役立ちます。

 

付箋メモをスマホでやるならGoogle Keepがオススメ

ちなみに付箋メモのように赤や黄色で視覚にうったえるメリットを、スマホメモで実践したい方には、Google Keepがおすすめです。自分はどんなメモをしているかを相対的に確認したい人には使えるアプリです。

iPhoneのデフォルトメモアプリにはない一覧性と台紙を色分けできる視覚性に優れています。わたしは家にあるタブレットのひとつのネクサス7にGoogle Keepをダウンロードして使用しています。簡単なメモというよりは、書くテーマを厳選する使い方をしてますが、自由に使えるアプリです。

Google Play-Google Keep

[ad#co-3]

-仕事術に関する記事まとめ

Copyright© SORCELOG , 2018 All Rights Reserved.