雑談のまとめ記事

バターコーヒーをコンビニで買うのと自宅で作る、オススメは?

更新日:

バターコーヒーがコンビニで入手可能になりました。

選択肢が増えるのは嬉しいことです。ただ、どちらが最適なのか迷う人も多いと思います。

今回は、コンビニで買うのと、自宅で自分でコーヒーを淹れるのでが、どちらがオススメなのかを話します。





まずはコンビニのバターコーヒーを試しましょう

家で飲むには手間がかかります。コーヒーにバターを溶かせば完成!とはいきません。

材料(コーヒー豆、バター、MCTオイル)の吟味や作る手間も覚悟しないといけません。

頑張って用意したのに、MCTオイルやバターが体に合わないでは泣きたくなりますよね。

なので初心者さんは、さきにバターコーヒーがどのようなものかを試しましょう。

ファミリーマートでバターコーヒが買えます。とりあえずこれを飲んでからでも遅くありません。

「グラスフェッドバター」「MCTオイル」を使用してます。

理想的なバターコーヒがコンビニで手軽に入手できます。

ドトールのバターコーヒーのパッケージ裏の画像

販売者は「株式会社ドトールコーヒー」になってます。

・栄養成分表示(100mlあたり)

エネルギー66cal、炭水化物0.7g、たんぱく質0.4g、脂質6.8g、食塩相当量0.08g

・内容量240ml

・販売開始日:2017年12月5日

ファミリーマートのバターコーヒーの中身

中身はこんな感じです。

口にいれて感じたのは、乳飲料によくある風味。これは商品化するには仕方ないと思うし、できるだけ消そうとしたのは分ります。

コーヒーの風味は当然、自分で淹れるほうが良いです。

バターコーヒはホットのほうがバターの風味がでて美味しいですからね。





じゃあ、手間暇かけて自分で毎日いれられるかと言えば、みんがYESではないわけで。

手軽に試せること、作るのが面倒な日に、コンビニのバターコーヒ-は最適の選択肢ですね。

値段は184円(税抜き)でファミリーマートで売ってます。(販売してない店舗も一部あるようなので注意してください)

 

わたしがバターコーヒに興味をもった2年前、コンビニでは売ってませんでした。

なのでセブンイレブンのコーヒーと、近所のスーパーで入手したバターとオイルを溶かして飲んでみました。

セブンイレブンのコーヒーで完全無欠コーヒーを作ってみた

スプーンでかき混ぜるだけではオイルがコーヒに溶け込まず、唇が油だらけになったのを今でも覚えてます(汗)

それからほどなく、機材と材料を買い込みました。詳細は「バターはあう?完全無欠コーヒーを作ってみた!」という記事にまとめています。

 

バターコーヒに興味をもつ人は、ダイエット、仕事のパフォーマンスをあげたい、など目的があると思います。

わたしにどんな変化が起きたかは「バターコーヒーのダイエット効果は?完全無欠コーヒー1週間」という記事にまとめています。





毎日コンビのバターコーヒーを1本ずつ飲むとすれば、税抜きで5520円(184×30)かかります。

コーヒー豆、MCTオイル、グラスフェッドバター、この3つを自分で揃えるとそれなりの金額になります。

コーヒー豆が1000円、MCTオイルが約2000円、グラスフェッドバターが3000円近くします。

オイルやバターは1ヶ月で使い切ることはないですけどね。

費用面からいえば、コンビニで1日1本でも、(自宅で作るのと比較して)そう高くつくものではないことが分ります。

 

たまたまコンビニでバターコーヒーを見かけた人なら、「どういう効果があるの?」「流行してる原因を知りたい」と思うかもしれません。

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 』という本で「完全無欠コーヒー」が紹介されたのがブームの原因です。気になる人はチェックしてみてください。

-雑談のまとめ記事

Copyright© SORCELOG , 2018 All Rights Reserved.