ミニマリスト

モノを減らしてシンプルに考えるほど食事の大切さを痛感する

更新日:

ミニマリスト的な生き方を体験するにつれて、シンプルな生活を心がけるのと反比例して、台所用品が増えております^^

理由は食事に関する考え方が変わったからです。以前はコンビニが近くにあれば、飲料水からお弁当、お菓子まで簡単に手に入る。冷蔵庫も電子レンジもいらないんじゃないかと錯覚するまでのヘビーユーザーでした。

 

それがいまでは有機野菜やMCTオイルなど、一般的にヘルシー思考の人が好むものに興味を持っているのですから不思議なものです。

部屋のいらないモノを処分、頭の中身を整理、自分を含めて環境をシンプルにしていくにつれて、食事や健康への探究心は深まります。

すでに健康や食事に関する本は何冊か購入してますが、最近読んでる本はこちらです。

IMG_3359

【図解入門メディカルサイエンスシリーズ】「よくわかる栄養学の基本としくみ」 中屋豊 著

 

タイトルから医療系、家政学系の学生用に感じる本ですが、著者によると一般の人も対象に含まれているそうです。栄養学の本は数冊読みましたが、これほど図が入ってる本も珍しく分かりやすかったです。

メジャーリーガーのダルビッシュが、これから読んで勉強しようと思うと話してた動画をユーチューブで見たのがきっかけで購入しました。本当に読んだかは不明ですが、プロ野球選手としての責任感がとても強くストイックな生活をされている方なので、たぶん読んだと思います^^

この本は高校の生物を勉強しているからのような感じで、一気に読み込もうとすると眠くなりますw

でも、今まで読んできた本のなかでも一番詳しいので読みごたえがあります。目的もないまま、この本を読んでも頭に内容は入らなかったと思いますが、今は自分のカラダについて知りたいことが多いので、その要望にきちんと応えてくれる本だと感じています。

-ミニマリスト

Copyright© SORCELOG , 2018 All Rights Reserved.